Loading...
X

不動産売却における反復継続について

不動産売却を反復継続して行うためには、宅建業法上の免許が必要です。個人が単発で家売却をする場合には影響がないため気にする必要がありませんが、それを反復継続して行っているのであれば、免許を得ずに行っている取引は違法となります。具体的には、宅地や建物を業として取引をする場合には、免許が必要となります。このうち、業としてというところに、反復継続の要素が含まれています。より詳細に述べると、業としてとは、不特定多数の人に対して繰り返し取引をすることとなります。
以上が定義ですが、実際どれくらいの回数を行えばそれに違反するのかどうかという点に関しては、ケースバイケースと言わざるを得ません。つまり、客観的な様々な事象がその判断に関係してくるため、何回までは大丈夫であるという答えは出せないのです。ただ少なくとも個人の所有している不動産を、換価目的で売ることで違反しているとされる心配はないといってよいでしょう。
どうしてもその点について気になるのであれば、法律の専門家に相談をして、アドバイスをもらうと安全です。また、自分で取引をしないで、不動産業者に仲介を依頼して売却するのであれば、その問題を意識する必要がなくなるため、気になるならその手段によるべきでしょう。一番いけないのは、インターネット等の、誰が書いたかわからないような情報を基に自分で判断することです。インターネット上の情報は不正確なことが多いので、それで不利益を負う可能性もあります。したがって注意しましょう。